トレチノインの効果はどれほどか

美容皮膚科など美容系クリニックでは、外用薬による治療も行われています。
その中でも多くのクリニックで、処方されているのが「トレチノイン外用薬」です。
この外用薬はビタミンA誘導体の1種である、トレチノインを含んでいます。
ビタミンAはレチノールとして市販の化粧品にも配合されていますが、ビタミンA誘導体はレチノールの約100倍から300倍もの作用があると言われており、その美容効果は絶大です。

肌は表皮から順に様々な層が折り重なっている状態となっています。
最後は基底層という層があるのですが、トレチノイン外用薬はこの基底層にまで浸透し作用する事が可能です。
どのような効果があるのかというと、まず第一に言われるのが「肌細胞の分裂を促す効果」です。
新陳代謝を活性化させ、新しい肌細胞をどんどん作るのです。
この作用によって古い細胞が垢として剥がれ落ちる、ターンオーバーという働きを促進させます。

メラニン色素が沈着している肌細胞を、早く追い出す事ができるので、シミの改善にトレチノイン外用薬は大きな効果を発揮します。
また、古い角質を積極的にケアする、ピーリング効果を持っている点も特徴です。

この他にコラーゲンやヒアルロン酸といった肌にハリや潤いを出す成分の生成を促す作用から、小じわやたるみの改善もあります。
皮脂分泌をコントロールする事もできる為、ニキビの治療にもトレチノイン外用薬を用いるケースも少なくありません。
このように、様々な美容効果を持つ外用薬という事もあり、トレチノインは多くのクリニックで採用されているのでしょう。

いつものスキンケアに、この外用薬をプラスするだけで、これらの効果を得られるという手軽さも、トレチノイン外用薬が広まっている理由の1つと考えられます。

■二重まぶた切開の後にはトレチノイン
二重まぶた切開法の特徴
■気になるほくろ除去を詳しく
ほくろ除去の費用と治療方法